新着記事

randomizeにおける制約solve-beforeを使用することで、値の組み合わせの出現確率を調節することができます。これだけ読んでもよく意味が分からないと思うので、以下で詳細をまとめます。 目次solve-beforeを使用しない場合solve-beforeを使用した場合randomize()制約一覧 …
続きを読む

if-elseを用いることでrandomizeによる乱数生成において、条件分岐による制約(constraint)を記述することが出来ます。複数制約の重ね掛けも可能という点はimplication(->)を用いた制約と使い方が類似しているようにも思います。目次if-elseを用いた制約例randomize()制約一 …
続きを読む

randomize()の制約の一つ、implication(->)を使うことで、制約間の関係を指定することができます。implicationという名前ですが、コード記述内では「->」のような記述方法を使います。以下でこのimplicationの使用方法についてまとめます。 目次制約implicateの使用例1制 …
続きを読む

乱数を生成するrandomize()の制約(constraint)の一つ、uniqueについて使用例をまとめます。乱数の制約uniqueは対応しているツールに制限が大きいような気がしています。少なくとも無料で使うことのできるVivado(vsim)やiverilogなどで使用していた特定のバージョンで …
続きを読む

制約(constraint)の一つdistを用いて、randomize()による乱数生成における出現確率の重みづけを行います。ちなみに、distは配分(Distribution)の略のらしいです。 目次distにおける":/"と":="の違いは?dist":/"で出現確率を指定dist":="で出現確率を指定randomize()制 …
続きを読む

randomize()における制約(constraint)の一つ、insideによる制約の活用方法についてまとめます。SystemVerilogでinsideというメンバシップ演算子が追加されていますが、ここで取り上げているのは乱数における制約についてとなります。 目次乱数で出現する値を直接指定乱数の …
続きを読む

文字列が含まれているかどうかを検索するVBA 文字列が含まれるかを返す"InStr"関数"InStr"を使用することで、対象セルにターゲットの文字列が含まれる場合には、見つかった位置を返し、文字列が見つからなかった場合には0を返します。 InStr(Worksheets(sheet_name).Cells( …
続きを読む

ワイルドカードや、大文字小文字区別のオン/オフなどを上手く活用して、作業効率を上げ、人的なミスを減らすための効率化複数ファイルから文字列を検索するコマンド コマンドの基本形特定ファイルから特定文字列を検索するコマンド: find {path} -name "{file_name}" - …
続きを読む

現在の作業ディレクトリによらず、特定のディレクトリに対してコマンドを実行するスクリプトにしたい場合の記述まとめスクリプト実行による、意図しないディレクトリ構成の破壊防止にもなるので、明示的にスクリプトの影響が及ぶディレクトリを指定しける記述を心掛けたい。 …
続きを読む